TITLE

KEYWORDS用語集



CONTENTS

TITLE基礎用語

アストラギウス銀河
直径10万光年におよぶ渦状星雲。アストラギウス星域とバララント星域に別れ、それ以外に不可侵宙域とよばれる中立地帯が存在する。
ギルガメス連合
惑星メルキアを主星とする星域連合体。度重なるバララントとの戦争によって多くの星が消滅、疲弊した。
バララント同盟
ギルガメスと敵対する星域に属する星々の同盟体。ギルガメスよりも軍事独裁色が強いのが特徴。
百年戦争
アストラギウス暦7213年に休戦した第三次銀河大戦の俗称で、アストラギウス銀河を二分したギルガメス連合とバララント同盟との間で争われた戦争。
*本編では通常「百年戦争」と呼称され、「第三次銀河大戦」は『赫奕たる異端』でのみ使用されている。
メルキア
本来はギルガメス連合の中でも後進の星であったが、度重なる戦争によって有力な星が次々に消滅し、また百年戦争末期にATの開発に成功したことから一気にギルガメス連合の中で指導的な立場となる。
しかし、惑星メルキア自体の体制は連邦制であり、その内部にもいくつもの自治州や独立国家が存在する。
素体
パーフェクトソルジャー計画のためにメルキア軍が開発した、遺伝子操作を受けた人間である。本来、素体とはパーフェクトソルジャーになるためのレクチャーや改造を受ける前の記憶がまったくない生まれたての状態を言う。キリコが小惑星リドで目撃したものはまさにこの素体であった。この素体は秘密結社に奪われ、プロトワン(フィアナ)となった。
パーフェクトソルジャー(PS)
遺伝子操作により、筋力や反射神経を強化した完璧なる兵士。白紙状態の脳に必要なデータをインプットすることで「戦闘マシーン」にすることが可能であった。メルキア軍および秘密結社でその実験が進むが、精神面による欠陥を改善することができなかった。TVシリーズではフィアナとイプシロンがこれにあたる。
秘密結社
ワイズマンを神と崇め、その手足として活動を行なった組織。小惑星リドにおいて素体(フィアナ)を奪い、ウドでは治安警察に介入し、クメンでは反乱軍を援助するなど大きな力を持っていた。
結社の最高幹部であるキリイをはじめ、治安警察署長のイスクイやPS開発の責任者であるボロー、双子の科学者であるアロンとグランなどが所属していた。
もともと、結社の母体はマーティアル第7セクター支部であった。だが、彼らはマーティアルで禁忌とされている人体へ手を加える行為、すなわちPS開発に関わってことで聖地アレギウムから破門された。PS開発を推進した時点でワイズマンの支配下にあったのか、それは破門以後のことであったのかは、定かではない。
小惑星リド
メルキア軍によってPSの研究・開発が行なわれていた場所。百年戦争の終結間際に秘密結社に襲撃され、素体を奪われた。
ミッションディスク
ATの操縦に用いるディスク。パイロット自身が作成・改良することが可能。キリコはPSと対決するために専用のミッションディスクを独力で作りあげた。
ヂヂリウム
コンピュータの部品にも用いられる半液化金属。非常に高価な戦略物資であると同時に、PSの身体機能の維持に必要不可欠であった。ヂヂリウムは気化すると青い燐光を発する。
ギルダン(登場話数:TVシリーズ第3話~)
ギルガメス連合内における貨幣単位。

TITLEアーマードトルーパー

AT
アーマードトルーパーの略。二足歩行型の人型兵器で、その汎用性の高さから百年戦争末期に登場以来、戦場における必須兵器となった。それまで優勢だったバララント軍が、ギルガメス軍がATを投入するに及んで劣勢に陥ったと言われている。
兵士たちの間では、ATのことを「ボトムズ」と呼ぶことも多い。「ボトムズ」という名称の由来は「VOTOMS」=Vartical One-man Tank for Offence&Manevar(攻撃と機動の為の直立一人乗り戦車)の略からきているが、AT搭乗者の生存率が極めて低いことから兵士たちの間では「最低の野郎ども」という意味で揶揄して使われている。
代表的なATにメルキアが開発した「スコープドッグ」がある。
ローラーダッシュ
整地において行われるATの走行方法。通常の歩行とは異なり、脚部のグライディングホイールによって、姿勢を保ったまま高速走行する。ギルガメス軍のほとんどのATに搭載された機構だが、バララント軍のATの多くにはグライディングホイールが装備されていないため、不可能である。また、ベテランパイロットになるとこのローラーダッシュとターンピックを上手く活用して、高度な操縦を行なうことが可能となる。
ターンピック
ATの脚部に装備されている方向転換用のくさび。これを地表に打ち出して回転の軸とすることにより、ローラーダッシュ中に方向を急転換することができる。
アームパンチ
腕部に内蔵された液体火薬カートリッジによって、ATの肘から先をスライドさせ、接近戦において目標に打撃を与える攻撃方法。ギルガメス軍の正式ATのほとんどに標準装備されている。
マッスルシリンダー(MC)
ATの根幹をなす技術。シリンダーはATの骨格にあたり、その内部に化学繊維(人工筋肉)を収納している。この人工筋肉を収縮させることによってATの動作を行なうが、そのために必要なのがポリマーリンゲル液である。
ポリマーリンゲル液(PR液)
マッスルシリンダー内の化学繊維(人工筋肉)が機能するために必要な液体で、人間で言えば血液に相当する。PR液はマッスルシリンダー内に充填されており、一定時間駆動させると劣化してしまうため、適宜交換する必要がある。また、劣化前のポリマーリンゲル液は非常に不安定で扱いづらい。
標準交換時間(h)
ポリマーリンゲル液を交換する目安となる時間。
降着機構
おもにパイロットの乗降を容易にするため、脚部を曲げることによってコクピット部を地上に近づける機能を指す。また、この機能を活かして降下時のショックアブソーバーとして活用される。
スワンピークラッグ
湿地戦用ATの脚部に装着されている補助走行装置。接地圧を分散させることで、脚部が地面にめり込まないようになっている。

TITLEウド篇

ウドの街
惑星メルキアのローラシル大陸のほぼ中央に位置する都市。かつては重要な工業都市であったが、バララント軍の爆撃により壊滅的な打撃を受ける。その際、軍需工場で使用さえていたヂヂリウムが飛散し、これを発掘しようとする者たちが集まり、都市が成立した。構造的には爆撃のクレーター内部を利用した階層都市となっており、中枢部には治安警察がある。環境汚染によってウドの街には酸の雨が降る。
戦争後には職を失った元軍人やならず者が溢れかえる混沌とした街となっていた。のちにメルキア軍と治安警察の戦闘によって崩壊した。
治安警察
百年戦争の終結によって大量に解雇された軍人たちが作りあげた一種の自警団。ウドの街の中枢部に本部が存在する。
暴走族ブーンファミリー
ウドの街の暴走族。治安警察署長とグルになってヂヂリウムの採掘を行なっていた。のちに新署長となったイスクイの命令で壊滅させられた。
バトリング
ATを使った賭け試合。武器を持たず、格闘戦だけで決着をつけるブロウバトルと、実戦さながらの火器を使用するリアルバトルがあった。刹那的なウドの街の住民の重要な娯楽であった。
マッチメーカー
バトリング選手のマネージメントを行なう者。興行を主催するのはプロモーターである。
レッドショルダー
ギルガメス星域連合軍 第24メルキア方面軍所属惑星占領軍戦略機甲兵団特殊任務班X-1、人呼んで「吸血部隊」。腕利きのボトムズ乗りばかりを集めて結成された特殊部隊である。レッドショルダーの名の由来は、ATの右肩が血のような赤色に塗られていたことによる。キリコもかつてこのレッドショルダーの一員であった。
レッドショルダーについての詳しい内容はOVA『ザ・ラストレッドショルダー』と『野望のルーツ』で語られている。


LOADING