新潟市新津美術館 「メカデザイン FOR 1/1 メカニックデザイナー 大河原邦男」展  サイン会&特別講演会レポート

2010年4月13日(火)から新潟市新津美術館で開催中の大河原邦男展の関連イベントとして、大河原邦男サイン会と特別講演会が行われました。
特別講演会にはボトムズのメインスタッフが集結。『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』も上映されました。

新潟市新津美術館

 

5月29日(土)
【大河原邦男サイン会】
15:00〜新津美術館1階で行われました。
展覧会図録の好きなページにサインをしてもらえるとのことで、お気に入りのイラストや作品のページを選んでサインを入れてもらっている方や、親子連れのファンの方も多く見られました。

大河原邦男サイン会大河原邦男サイン会

 

【プラモデル・コンテスト】
サイン会終了後、大河原さんは同じフロアーの市民ギャラリーで「プラモデル・コンテスト」の大河原賞の選定のための審査を行いました。

大河原邦男賞作品 サンライズ賞作品 人気大賞作品
大河原邦男賞 サンライズ賞 人気大賞

 

5月30日(日)
【大河原邦男 特別講演会】
13:30〜新津美術館1階レクチャールームで行われました。
『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』第1話を上映。
10分間の休憩をはさんでいよいよ大河原さんと高橋良輔さん、塩山紀生さんの鼎談がスタート。
お三方が始めて一緒にお仕事をされたのは「太陽の牙ダグラム」との事。続く「装甲騎兵ボトムズ」では高橋良輔監督のもと、大河原さんがメカニカルデザインを塩山さんがキャラクターデザインを担当。当時のお話や27年前に放送がスタートした作品ながら最新作「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇」でもかわらぬメインスタッフで作られているボトムズについて、それぞれの思いを語られていれました。
ボトムズの話が中心でしたが、大河原さんからはタツノコプロダクション時代のお話やメカニックデザナーとしての話などもありました。

 

大河原邦男賞作品新津美術館での「メカデザイン FOR 1/1 メカニックデザイナー 大河原邦男」展は7月11日(日)まで開催されております。
原画約100点、設定資料80点の他玩具や立体作品も多数展示されています。
もちろんDVD-BOXの原画も初展示されていますので、お近くの方は是非お越しください。

「メカデザイン FOR 1/1 メカニックデザイナー 大河原邦男」展

会 場 新潟市新津美術館
会 期 2010年4月13日(火)〜7月11日(日)
観覧時間10:00〜17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし5月3日、7月5日は開館)、5月6日(木)
観覧料 一般:700円/大学生・高校生:500円/中学生以下無料

 

新津美術館
http://www.city.niigata.jp/info/naf/
メカニックデザイナー 大河原邦男 -official website-
http://okawara-kunio.jp/



ページトップへ戻る