キリコの描き方講座
★塩山氏によるキリコの描き方講座★

塩山氏によるキリコの描き方講座。
これさえ見ればキリコをマスター!?


▼正面編  ▼横顔編

キリコの描き方
(1)まずは目から描く。「キリコは目が命。」目から描き始めます。
▼次へ

(2)目尻に注意!ここで失敗したらキリコではなくなります。
▼次へ

(3)「目尻がさがっちゃ駄目だ。」
▼次へ

(4)「キリコらしくなってきたかな。」この時点でキリコらしさが出てきている。
▼次へ

(5)前髪を描いて。
▼次へ

(6)「キリコは口が難しい。」キリコは無表情。口にも注意が必要だ。
▼次へ

(7)これは悪い例。「こうなるともうちがう。キリコはこんな表情はしない。」
▼次へ

(8)「やっぱりこうだろう。」口元はやや下向きに描くとよい。
▼次へ

(9)輪郭線を描く。「これはちがう。やせすぎかな」
▼次へ

(10)「輪郭はこんな感じだろう。」
▼次へ

(11)やはり口は念入りに手を入れていく。
▼次へ

(12)首の太さにも注意!「首は太く。」
▼次へ

(13)あとは影をつけていく。
▼次へ

(14)「少し大人のキリコかな」
▼次へ

(15)キリコの完成。「やはり大人っぽくなってしまった。」
▼次へ

(16)完成
▼横顔編へ

キリコの描き方【横顔編】
(1)横顔も目から
▼次へ

(2)「キリコは横顔のほうが描きやすい。」
▼次へ

(3)口元が難しいので、注意して描く。
▼次へ

(4)「ちょっと大人かな。」
▼次へ

(5)大人なキリコになってしまった。
▼次へ

(6)影をつけていく。
▼次へ

(7)「キリコはしばらく描かないと難しい。」
▼次へ

(8)「これはもうテレビのときのキリコじゃないね。」
▼次へ

(9)
▼次へ

(10)「やはり大人だね。」
▼次へ

(11)作画用紙をもう一枚上にのせて
▼次へ

(12)「目をかえるだけで、だいぶ変わる。」
▼次へ

(13)先程の絵と見比べながら描く
▼次へ

(14)「どうだろう。」
▼次へ

(15)目と眉以外は下の絵をそのままトレスする。
▼次へ

(16)完成
▼次へ

今回、塩山氏が特別にいろんな表情のキリコを描いてくれました。
キリコの特徴をつかめ!

▲TOPへ